フォト
無料ブログはココログ
©PETAPPA

« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年5月

2009年5月16日 (土)

USBメモリーのドライブ文字を変える

USBをパソコンに突っ込むと、ドライブ文字がそのたびに変わる。
これをいつも同じにしたい。例えばいつも「Z」になるとか。

「スタート」からメニューを開き「マイコンピーター」を右クリック。

メニューから「管理」を選択。

左画面で「記憶域」→「ディスクの管理」を選択。

右画面に表示されるUSBメモリーを右クリックし、メニューから
「ドライブ文字とパスの変更」を選択。
「変更」をクリック、ドライブ文字を普段使わない「Z」や「X」にし「OK」
を押す。

これでUSBをさすといつもドライブ文字は「Z」とか「X」となる。

 

2009年5月 8日 (金)

「USBメモリー」のアイコンを変える

マイコンピュータで「USBメモリー」の「リムーバブルディスク」を選択。
キーボードのF2を押して名前を変える。

ネットで無料のアイコン用ファイルを取得。(結構あるのでググッて下さい)
使いたいアイコンを選択して、USBメモリーへドラッグしてコピーする。

次にWindowsのメモ帳または好みのエディターを開いて、[autorun]から始まる二行を入力する。例えば

[autorun]
icom=USB FlashMemoru pc21 Brown.ico

これを「autorun.inf」とファイル名をつけてUSBメモリーの中に保存する。次回USB接続時には指定したアイコンが出現する。

 

おまけとしてUSBで使えるランチャーを紹介しておきます。これがあればUSB内のソフトの立ち上げ、USBの着脱などが楽にできます。

まず「Portable Start Menu」を取得。
http://www.aignes.com/
要領は「Products」→「Download」
インストール時に「Portable setup」を選択、USBメモリーのドライブ文字を指定。

最初の起動でオートランファイルを作成するか聞いてくるので
Yes,create AUTORUN fileを選択する。

Add applicationから開いたStaryMenuにUSB内の実行ファイルをドラッグする。
USB挿入と同時に特定のファイルを起動させたい場合は
「Start automatically」にチェックを入れる。

 

以上で設定は終わり。
USBを挿入すると自動再生画面が現れて「USB-Menu」の項目が現れるので「OK」すると、タスクトレイに常駐する。

アイコンをクリックするとメニューが現れて、登録したソフトが一覧表示される。

なおUSBを抜くときは、タスクトレイのアイコンをクリック、Close…….
から終了する。起動していたソフトやファイルは自動終了する。

 

この「Portable Start Menu」でこれまでのUSBストレスはかなり軽減される。日本語版はないがこのまま十分使える。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »